AMY

映画『AMY』、間も無く公開。
Amy Winehouse 2011年7月23日に27歳の若さでこの世を去った英国の歌姫のドキュメンタリー。
あえて書き連ねないが、27歳で亡くなったロックスター達を連想してしまう。
まさに移民問題などで国民投票でEU離脱で揺れる英国にはタイムリーに当てはまってしまうロシア系ユダヤ人の移民の子供らしく。初めて聞いた時にはアフリカ系の方かなと勝手に思い込んでしまって、後にビジュアルを見て驚いたのを思い出す。
彼女の人生の中で起こった出来事がヒット曲を生み出ししていく様が明らかにされていくドキュメンタリーらしい。
『They tried to make me go to rehab but I said 'no, no, no'』と歌い薬物中毒更生施設(Rehab)へ行く事を拒否し、『BACK TO BLACK』ヘロイン中毒へ戻るなんて強烈過ぎる曲、スラングとは言え日本語で歌われた曲ならば間違いなく放送禁止、下手すれば発売禁止だろうに。

何かを生み出すエネルギーは必ずしも符号がプラスであるとは限らない。

作品の中で短くも壮絶な彼女の人生を見てあらためて思い知らされるんだろうか?

是非見てみたい。