敗者復活


気持ちをハセツネから信越五岳へ。

何て言ってる間に、ラン仲間が”ランネット”の代行エントリーサービス”お仲間エントリー”を使いエントリーを狙い打ちしてくれました。

僕を含め2人分も(・_・;

このスナイパーのようなラン仲間。
大坂峠のグループランイベントで出会い、再会したのが大麻山。物静かに見える見た目にして恐ろしい熱量の持ち主で、そのハイカロリーなエネルギーを燃やし今回のエントリーを勝ち得たのは言うまでもないです。
先日の田宮のトラックでも奥三河パワートレイルのDNFをバネに次なるレースに燃やしている何かをひしひしと感じる。
しかも今回のハセツネのエントリーが始まるずっと以前に宿を安いレートで人数分確保するぐらい用意周到。

ランナーと言う人種は、錆びず、燃え尽きず、熱く、深く、そして優しい。飛び込んだ者を大胸筋で受け止め、大腿四頭筋で支えてくれる。
ちょっと感動した。

自分も強く、優しくならねば。

まさかの信越五岳、ハセツネカップ、ダブルエントリー。これもまた運命なんだろうな。

先ずは信越五岳。
必ず走りきり、来年はペーサーとして友人ランナーのサポートができるぐらいの気持ち、脚力でありたい。

明日は走ります🤜⚡️🔥